故郷の木持ち

手に馴染む質感と、確かな品質

木材の地産地消を推進するために、高知県の県木である「魚梁瀬杉」を使って、三菱鉛筆(株)と共同開発しました。
日常で使うものだからこそ、シンンプルなデザインにこだわり、手に馴染む質感を追求しました。

故郷の木持ち

名入れ可

魚梁瀬杉・ネーム印
¥4,070

3 review

名入れ可

魚梁瀬杉・ボールペン
¥3,300

6 review

魚梁瀬杉(やなせすぎ)とは

魚梁瀬杉の中でも、樹齢100年 ~300年の「天然魚梁瀬杉」は、淡紅の色合い、ダイナミックでありながらもキメ細かい木目が特徴で、 節も少なく、柱材や天井板などの高級建材として人気がありました。天然魚梁瀬杉は、これまで計画的に伐採をされてきましたが、保護し、 次の世代へ受け継いでいくために、平成29年9月をもって寺社仏閣の建材供給や研究目的以外の伐採を終了しました。 天然魚梁瀬杉の原木の在庫利用でつくられた商品は、器(丼ぶり、盆、菓子盆、サラダボウル、おつまみ入れ)となります。 それ以外の杉材商品は「魚梁瀬杉」となっています。